FAQ

性質について

有機チタンに光触媒活性はありますか?

いいえ。有機チタン化合物そのものに光触媒活性はございません。弊社の製品を400〜600℃に焼成し、アナターゼ型酸化チタンを生成させれば光触媒活性を得ることが可能です

有機チタンを塗布、乾燥し皮膜を作りましたが膜が白化しています。透明な膜を得るにはどうしたら良いでしょうか。

アルコキシド化合物を使用した場合、反応性の速さから製膜時に白化現象を生ずることがございます。乾燥温度が200℃以下の場合、PC-200、PC-250を推奨いたします。また、200℃以上の場合、キレート化合物をご推奨いたします。使用方法については、お問い合わせください。

製品に色がつきました。原因はなんですか?

有機チタン化合物は、着色しやすい性質を持ちます。主な原因として、以下の3点がございます。

...

お問い合わせ

有機チタン、有機ジルコニウム、その他有機金属化合物に関するご要望、製品に関するご質問や、
資料・サンプル請求をされる場合、お困りのこと等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

マツモトファインケミカル(株)営業部
TEL 047-393-6330    
FAX 047-393-1063