FAQ

サンプルについて

無償サンプルはありますか?

はい。100ml、若しくは100g程度を提供しています(一部の例外を除く)。「サンプルオーダー」にて受け付けています。

サンプルに白い沈殿物があります。原因はなんですか?

加水分解で発生した金属酸化物である可能性があります。何度もふたを開け閉めすると生じることがございます。ただ、製品によっては金属酸化物でないこともございますので、沈殿が生じている場合は、ご相談ください。

製品について

製品(サンプル)全体が固まっています。どうしたらいいのですか?

一部の製品は融点が高く、気温が低い場合に固まる(凍る)ことがございます。もし固まっていた場合は、開封せず40〜60℃の湯浴にて溶かして下さい。特にオルガチックスTA-10(融点:17℃)、TC-750(28℃)、SI-400(26℃)などが融点の高い製品となります。

製品の保証期間はどのくらいでしょうか?

「納入後6ヶ月間(未開封、冷暗所保管)」を基本としております。ごく一部の商品に限り、「製造後3ヶ月間」など保証期間の短いものもございます。

GHS(化学品の分類および表示に関する世界調和システム)ラベルに対応していますか?

はい。全製品対応済みです。

SDSの入手は可能ですか?

はい。PDFファイルにて提出しております。「SDSリクエスト」で受け付けています

入目の種類について教えて下さい。

一般的な入目として、1kgと15kgの2種類がございます。製品によってはドラムやコンテナー対応も可能です。

性質について

有機チタンに光触媒活性はありますか?

いいえ。有機チタン化合物そのものに光触媒活性はございません。弊社の製品を400〜600℃に焼成し、アナターゼ型酸化チタンを生成させれば光触媒活性を得ることが可能です

有機チタンを塗布、乾燥し皮膜を作りましたが膜が白化しています。透明な膜を得るにはどうしたら良いでしょうか。

アルコキシド化合物を使用した場合、反応性の速さから製膜時に白化現象を生ずることがございます。乾燥温度が200℃以下の場合、PC-200、PC-250を推奨いたします。また、200℃以上の場合、キレート化合物をご推奨いたします。使用方法については、お問い合わせください。

製品に色がつきました。原因はなんですか?

有機チタン化合物は、着色しやすい性質を持ちます。主な原因として、以下の3点がございます。

...

使用方法について

製品を輸出することは可能ですか?

製品、数量、輸出先国などによって異なります。また、輸出梱包が必要な製品も多いため、まずは「お問合せフォーム」でお問合せください。

その他

製品を購入したいのですが?

ありがとうございます。「お問合せフォーム」からお問い合わせ下さい。弊社営業部よりご連絡させて頂きます。

お問い合わせ

有機チタン、有機ジルコニウム、その他有機金属化合物に関するご要望、製品に関するご質問や、
資料・サンプル請求をされる場合、お困りのこと等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

マツモトファインケミカル(株)営業部
TEL 047-393-6330    
FAX 047-393-1063